15人制、7人制に引き続き、ウィルチェアーラグビーの代表もメダル獲得で躍進!

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

熱戦の続いたリオパラリンピックが閉幕しました。ウィルチェアー(車いす)ラグビーの代表が激戦の末にカナダに競り勝ち、とうとう銅メダル獲得の悲願を達成しましたね!

15人制のラグビー同様、激しいスポーツで、今回のパラリンピックを機に、私も一気にファンになりました!

代表チームはこれにおごることなく、すでに4年後を見据えているとのことで、一層の期待が高まります。

☞「ウィルチェアーラグビー悲願のメダル獲得も、すでに思いは4年後へ」

http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160920-00010006-sportiva-spo

 またリオ・オリンピックでベスト4に入った7人制ラグビー以外にも、10人制ラグビーの国際大会が2017年2月に開催され、日本からはパナソニック・ワイルドナイツが参加する模様です。

☞「『ブリスベンテンズ』10人制ラグビーのワールドイベントが来年2月豪で開催!」

http://rugbyjapan365.jp/スペシャル/「ブリスベンテンズ」10人制ラグビーのワールドイベントが来年2月豪で開催!%20魅力は15人制の戦略と7人制のスピードが同時に楽しめる

 ラグビーブームを一過性のものとせず、幅広い競技の魅力を訴えかけていきたいものですね! これがサッカーとも野球とも違うラグビーファミリーの魅力となればぁ、と願っています。

(管理人Rugbyloversの個人的見解です)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください